読みもの read

TOP 読みもの メキシコの『死者の日』は日本のお盆?

メキシコの『死者の日』は日本のお盆?

ピクサー映画の『リメンバーミー』は皆さんご存じですか?
私も大好きな映画です。
メキシコに住む、歌が大好きな男の子が、
『死者の日』に『死者の国』に迷い込んでしまう家族の絆を描く物語です。

その死者の日というのは年に一度、死者が家に戻ってくる日です。
10月31日~11月2日にかけて行われます。
その間、家族や友人は家に集まり死者と共に過ごします。

これは日本で言う『お盆』ですよね。外国にも同じような風習があったのです。

死者の日には町中に骸骨などのカラフルなオブジェが置かれ、道にはマリーゴールドがたくさん植えられたり飾られたりしています。
マリーゴールドには『死者の世界から、死者を連れてきてくれる』という言い伝えがあるそうです。

各家庭ごとにオフレンダという祭壇も飾られます。
中には砂糖でできた骸骨の置物や、死者のパンと呼ばれる大きな菓子パン、亡くなった家族の写真、好きだった食べ物や飲み物と、とりあえずたくさん飾られます。その量はお盆に飾る棚よりも遥かに多い量です。
お墓にも飾り付けをします。マリーゴールドの花を中心に、色鮮やかな花々で飾りつけをし、それはもう賑やか。夜には何千本ものロウソクが灯され、幻想的な雰囲気になるそうです。
驚いたのはパレードをすることです。骸骨の被り物をした人や、顔を骸骨にペイントした人々が大勢の列になってパレードします。異様な雰囲気に思えますが、明るく陽気に死者を迎える感じがメキシコらしいですよね。
日本と同じような風習も、国が違えば中身はまったく違うところが面白い!
それでもやっぱり、亡くなった家族を大切に思う気持ちは一緒ですね。

ちなみに★同じ頃に行うハロウィン🎃は、本来は秋の収穫祭で、怖い仮装をして悪霊を払う意味があるそうです。なので死者の日やお盆とは、意味あいがまったく違いますね。

死者の日は、映画リメンバーミーの中で詳しく登場します。
主人公の歌声は心に響く素敵な歌声です。大人も楽しめる映画なので、興味のある方はぜひご覧になってみて下さい!

SHEARE
PREV よみもの一覧 NEXT

新着記事

おすすめ記事