読みもの read

TOP 読みもの ウレタン仕上げ・オイル仕上げ
木の表面塗装の種類と特徴

ウレタン仕上げ・オイル仕上げ
木の表面塗装の種類と特徴

当店では、お仏壇の詳しい製造方法を品質表示として記載しています。
その中の項目に『表面の仕上げ』というものがあり、それは仏壇の表面をどのように塗装し加工しているかが明記されています
木のお仏壇の表面の仕上げ方には、様々な方法がありますが、今回は代表的な『ウレタン仕上げ』『オイル仕上げ』について書いていきます。

<ウレタン仕上げ>
ウレタン仕上げとは、ウレタン塗装されたもの。ポリウレタン樹脂を含む塗料を使用し塗装する方法です。塗装をすることで木目が艶やかに浮き出て高級感が生まれます。薄い樹脂の塗膜のおかげで、汚れや傷に強く水滴などの染みもつきにくいのが特徴です。塗膜を木材に施すことで木の呼吸を止めるので、湿気からくる木材の反り返しや乾燥による割れなどはほぼ起こりません。
ですが、ぶつけたりして傷や汚れをつけてしまうと、修理には技術や設備、工具などがいるために自分では簡単にはできません。

<オイル仕上げ>
オイル仕上げとはオイル塗装されたもの。家具で人気の塗装方法で、木材の性質を生かし、ごく薄い油膜を施します。無害な植物性オイル(自然由来の油脂)を使って塗装をする為自然塗装と呼ばれ、赤ちゃんやペットが舐めても大丈夫であったり、アレルギーのある方にも安心して使用できる塗料です。
しかし、ウレタンとは違い塗装はしますが塗膜は作らない為、キズがつきやすかったり水滴を長時間放置するとシミの原因になります。そのキズやシミを木目や木の色味に調和させて深みや味として楽しむのもオイル仕上げの特徴です。オイル仕上げは自分自身でオイルを塗り直したり傷をサンドペーパーで直すことができます。自分でメンテナンスをして育てていけるのも特徴です。

お手入れ方法はウレタン仕上げ・オイル仕上げ共に同じです。掃除の際は柔らかい布やお仏壇専用の布などで木目に沿って軽く乾拭きをします。汚れが取れない時には水拭きをしても大丈夫ですが、水気を極力絞り最後に必ず乾いた布で拭きあげ水分を残さないようしてください。

ウレタン仕上げはつるっとした質感で艶のある木目に高級感があり、褐色の木材ならシックでモダンな印象になります。
オイル仕上げはさらっとした質感で木そのものを感じられる木目を活かしたナチュラルで優しい雰囲気。
それぞれ異なる見た目や性質の特徴があるので、踏まえた上で好みのものを選んでいただけるといいですね。

◎ウレタン仕上げ(ウレタン塗装)
塗膜がありツヤがあります

◎オイル仕上げ(オイル塗装)
塗膜はなく木そのものの質感が強い

SHEARE
PREV よみもの一覧 NEXT

新着記事

おすすめ記事

タグから見つける

インテリア仏壇 ウォールナット ガラス仏具 タモ ディズニー デイジーダック ドナルドダック バーチ パドーク ブーケ メープル ルームインセンス 仏具 仏壇 仏教 位牌 吹きガラス 宗派 府中家具 新仏 線香 見台 造花 過去帳